大阪なおみ全仏記者会見拒否の罰金の金額!発表全文とその日本語訳も

スポンサーリンク
スポーツ

大阪なおみ選手が「全仏オープン」において、会見を受けることを拒否する声明を出しました。

選手のメンタルヘルスによくないことが理由で、そのことは常々感じていたそうです。

文の中には、「記者会見を受けないことに関しての罰金」のことが書かれていましたが、記者会見なしで罰金?私は思ってしまいました。

 

スポンサーに不利益が出るから罰金ってことなのかな?

何かしら大会の運営に不具合があるんでしょうね。

はたしていくらくらいなのでしょうか?

 

 

本記事では、大阪なおみ選手の会見拒否で罰金をいくらくらい払わなければいけないのかをご紹介します。

大阪なおみ選手が出した声明についても、つたない訳ではありますが、私が訳したものをお伝えします。

スポンサーリンク

大阪なおみ全仏記者会見拒否の罰金の金額はいくら?

グランドスラムの規定、WTA(Women’s Tennis Association/女子テニス協会)の規定の両方を読むと、数百万円以上の罰金かなあと個人的には思っています。

 

「数百万」というあいまいな書き方の理由ですが・・・

 

【以下見解を2021年5月31日修正】

グランドスラムの規定の場合、試合前の記者会見、さらに試合後の記者会見を出なかった場合、最高20,000ドル(約220万円、110円/ドル換算)の罰金があります。

(全仏オープンはグランドスラムの一つなので、この規定を参照しました。)

 

こちら原文ママを抜粋しますので、英語が読める方はぜひ読んでみてください^^

この文章で述べられているのは、「選手のメディアに対する義務」と「その罰金」についてです。

H. MEDIA CONFERENCE

Unless injured and physically unable to appear, a player or team must attend the post-match media conference(s) organised immediately or within thirty (30) minutesafter the conclusion of each match, including walkovers, whether the player or teamwas the winner or loser, unless such time is extended or otherwise modified by the Referee for good cause.

In addition, all Main Draw players must participate, if requested, in a pre-event press conference to be arranged during the two days before the start of the Main Draw.

All media obligations include, but are not limited to, interviews with the host and player’s national broadcaster.

Violation of this Section shall subject a player to a fine up to $20,000.

~出典;2021 Offisial Gland Slam Rule Book , p42

最後の文章、「このセクション(H)の違反があった場合、最高20,000ドルの罰金です。」とあります。

 

ちなみに文章の前段は、「どういった時に罰金が科されるか」という範囲についてです。

おおまかには以下になります。

 

・試合の勝敗に関わらず、試合後30分以内に開かれる、試合後の会見(ケガなどの身体的理由で出れない場合を除く)

・試合2日前の記者会見(要請された場合)

 

 

2021年5月31日の報道では、大阪なおみ選手は試合後の記者会見に出席しなかったため、主催者側が1万5千ドル(約165万円、110円/ドル換算)の罰金を科した、とありました。

最高が「2万ドル」ですので、今後大阪なおみ選手が記者会見を続けるならば、もっと金額は大きくなるのでしょう。

 

また、この2万ドルなのですが、1回目の違反は「1万5千ドル」でした。

この罰金、「次また違反をしたらこの1万5千ドルが2万ドルに上がってそれっきり」なのか、「違反の回数に応じて2万ドルづつどんどん積み重なってとられていく」のか、このHセクションを読むだけでは正直よく分からないんです。

 

ただ、テニス国際大会の他のツアーであるWTAツアーの規約(WTA 2021Official Roolbook(p119~121に取材責任違反への罰金規定の記載)も合わせて読むに、「積み上げ式」の罰金なのかなあ、と私は思っています。

なので、大阪なおみ選手は、違反をするたびに20,000円ドルの罰金が科されていていくのでは、と。

(個人的見解なので、もし間違っていたらごめんなさい。

積み上げ方式なのかどうか、知っている方がいらっしゃったらコメント欄から連絡頂ければと思います。)

 

全仏オープンでは、仮に決勝まで勝ち進むと7回ほど試合を行うことになります。

大阪なおみ選手は「I’m not going to do any press (どの取材も受けない)」と言っています。

もし、このまま大阪なおみ選手が勝ち続けそのたびに試合後のインタビューをしなかった場合、積み上げ方式ならばものすごい額の罰金が科されるのでは・・・と予想しています

 

ただ、大阪なおみ選手にとって、この金額はそれほど大きな金額ではありません。

そして現状を見て分かるとおり、主催者は「このまま違反を続ければ全仏オープン失格、さらに4大大会出場停止処分」という厳しい処置をとる、と言っています。

おそらく、もうお金の問題ではないんですよね。

この通達が本当になれば、プロテニスプレーヤーとして大阪なおみ選手がやっていことはとても厳しいでしょう。

ご本人も周りのコーチやスタッフもそれを重々承知だと思います。

 

また、違反がありえないことだと知って、なおかつ大阪なおみ選手の思いがどこにあるのか、という説明もいまだきちんとされていない印象です。

(Twitterで自分の思いは出ましたが)

お金を払う払わないという問題ではなく、大阪なおみ選手と主催者側がぜひきちんとした対話を一度持って欲しいと思います。

スポンサーリンク

大阪なおみ全仏記者会見拒否の全文と日本語訳

大阪なおみ選手の会見拒否の声明はこちらです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

大坂なおみ(@naomiosaka)がシェアした投稿

つたない訳ではありますが、以下日本語訳になります。

翻訳の専門家でもなく、意訳もかなり入っていますが、大阪なおみ選の言いたいことが伝わればなあ、と思っています。

 

ーーーーー以下日本語訳ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさまお元気でしょうか。

私は全仏オープンの間、どんな会見も受けないことをお伝えします。

 

人々がアスリートの心の健康(メンタルヘルス)を気にしないこと、そして、記者会見を見たり参加したりするときはいつも本当にそうだということを、よく私はよく感じていました。

私たちは記者会見の場に座り、前に何回もされた質問や、疑念をもたらす質問(「ん?」と思うような質問)をよく受けます。

 

私は自分が疑う人の前に自分をさらすつもりはありません。

私はプレスルームで負けた後に選手が泣き叫んだり呆然としているたくさんの場面をみてきましたし、(これを読んでいる)あなたもそうだと思います。

 

私がトーナメントで会見をしないのは個人的なことではありません。

何人かのジャーナリストは私が若いころから取材をしてくれており、彼らのほとんどと仲良しです。

 

しかし、「会見しなくば罰金だ」と言い続け、協力の中心にある選手のメンタルヘルスを無視し続けるのであれば、私は笑うでしょう。

 

私に課せられる相当な金額が、メンタルヘルスの慈善団体に寄付されますように!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、数々の報道や反応を受け、大阪なおみ選手が出したツイートがこちらです。

罰金1万5千ドルを科された試合が終わった後にツイートになります。

(訳);「怒りは理解の欠如です。変化は人々を落ち着かなくさせます。」

このツイートの真意はまだ分かりませんが、一文目「理解が欠ければ怒りを抱く」というのは本当にそう思います。

 

大坂なおみ選手は「会見そのもの全部」を否定しているわけではありません。

(海外の報道で、大阪なおみ選手が全仏主催側に送ったメールの内容にそういったものががあります。)

「会見のあり方」に一石を投じているのだと思います。

 

ただ、今のやり方では大阪なおみ選手、全仏主催者側の双方によいことがないのが事実です。

重ねて書きますが、ぜひ大阪なおみ選手にはもう少し自分の気持ちをゆっくり丁寧に説明して、話し合いをして欲しいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

大阪なおみ選手の全仏オープンの会見・取材拒否の罰金の金額は、場合によっては数百万規模になるのかな、と思っています。

どの規定がどこまで適用されるかが予想の範囲になっていしまうのですが、「どの取材も受けない」と大阪なおみ選手が明言している以上、グランドスラム既定の「最高約220万円」の罰金は払うことになりそうです。

罰則が繰り返されれば、4大大会出場禁止の罰則になる可能性もあります。

大阪なおみ選手は声明で「このお金がメンタルヘルスの慈善団体にいくことを願っています」と述べています。

しかしながら、まず対話をと望むのは私だけでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました