矢沢あいの現在は?2020年以前最近の作品まとめ。スペースチャンネルコラボが最新。

スポンサーリンク
漫画・アニメ

「天使なんかじゃない!」「ご近所物語」「下弦の月」「Paradise・Kiss」「NANA」などの数々のヒット作品を出されてきた矢沢あい先生

 

特に「NANA」のブームはものすごく、コミックが出された最初の1年の累計販売数は200万部、累計発行部数は4,300万部となっています。

 

Cookieに連載されていたNANAですが、矢沢あい先生の病気療養のため、2009年8月号から休載されています。

現在まで、その間約11年。

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢沢 あい(@ai_yazawa)がシェアした投稿

(↑2017時点での矢沢あい先生のメッセージです)

 

 

2020年10月31日、矢沢あい先生作品の「ご近所物語」と3Coinsのコラボ製品として、エコバッグやパスケース、ハンカチ、ミラーなどの日用品が発売されました。

 

久しぶりにそのイラストを拝見した一ファンとして、現在矢沢あい先生がどうしているか調べてみました。

 

スポンサーリンク

矢沢あい先生は漫画執筆は休止中、2020年1月イラストを寄せられている

病気療養されているといっても、矢沢あい先生は全く活動をされていないわけではありません。

矢沢あい先生がご自身のインスタグラムに、女の子3人を描いたイラストを寄せられたのは、2020年1月のこと。

これは、「スペースチャンネル5」という音楽ゲームの20周年を記念して描かれたものです。

 

3人の真ん中に、音楽ゲームのキャラクターのうららちゃんを、そして、左右に「NANA」のキャラクターである大崎ナナと小松奈々(通称ハチ)が描かれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢沢 あい(@ai_yazawa)がシェアした投稿

 

 

NANAのファンにとっては嬉しいコラボ^^

とてもキュートですね!

 

スポンサーリンク

矢沢あい先生は2018年10月発売のハードカバー本にもイラストを出されている

矢沢あい先生がイラストを描き下ろされたのは、集英社の「ストリート・トラッド ~メンズファッションは温故知新」というファッションに関する本です。

 

 

ファッショ、映画、音楽などのカルチャーの変遷を、時代の背景などに絡めて、「どうしてそうなっていったのか」を分かりやすく解説するものです。

 

矢沢あい先生はその31スタイルのイラストを描き下ろされています。

 

「PUNK」の章では、「あれ?これNANAのノブ?」とか、「GRUNZGE」の章では、「あ、これタクミでは?」と、NANAファンだと面白い発見がある本です^^

 

カルチャー史を紐解く本としても、分かりやすくとても面白い、という書評になっていますよ。

 

 

スポンサーリンク

矢沢あい先生は2017年にJUJUともコラボしている

2017年のJUJUの楽曲「いいわけ」のプロモーションビデオ(以下PV)で、矢沢あい先生は23枚のイラストを描きおろしされています。

 

 

 

 

You Tubeで、『JUJU 「いいわけ」×矢沢あい インスパイアードムービー』と題されたこのPV。

「いいわけ」3分ちょっと楽曲に合わせ、矢沢あい先生描くイラストが歌詞にのってアニメのようにストーリー性をもって流れていくわけですが・・・

 

 

切ない!!

 

 

女性の苦しくて切ない恋の歌詞に合わせて、矢沢あい先生独特の繊細で流麗な画力が合わさり、とても濃い3分になっています。

 

私は調べるまでこのようなPVがあるのは知らなかったのですが、見て、「ああ、NANAの世界がよみがえる・・・」と少し感動してしまいました。

 

 

気になる方、ぜひチェックしてみて下さいね^^

 

矢沢あい先生のご病気は精神的なこと?現在まで病名は明かされず。

「重病?」「がん?」「鬱?」など、様々な説が流れている、矢沢あい先生の病名。

病気療養ということは間違いないのですが・・・・

色々調べてみましたが、公式の病名の発表は今に至るまでありません。

 

 

2010年の女性週刊誌の取材によれば、矢沢あい先生は、女性専門の「心と体の健康のための医療センター」に定期的に通院をされていたようです。

 

心と体のちょっとしたバランスが壊れることで、体調を崩しやすい女性の体を専門的にケアする病院だとか。

 

この病院に通っているということで、「うつ病では?」という憶測が有力視されるようになったようです。

しかし、これらの病気はやっぱり推測でしかありません。

Instagram等のSNSも調べましたが、公式な病気の名前などは全くありませんし、インタビュー記事などもありませんでした。

 

漫画を描いておられた時は、睡眠時間が2時間しかなかったという、矢沢あい先生。

世界観を共有できる人が見つけられなかったため、アシスタントは雇わず、すべて自力で作業されていたそうです。

 

まずゆっくりと体を治してほしい、と切に思います。

 

矢沢あい先生は少しずつお仕事をされています。気長に待ちましょう!

色々なうわさが流れている矢沢あい先生。

 

今回調べてみて、3年ほど前から、ペンをもつお仕事もちょっとづつされていて、一ファンとしてはとても嬉しく思います^^

漫画のお仕事ではないですが、画を書くことをされている!というのはとても明るいニュースだと感じるのです。

 

「NANA」の続きを届けたい!という矢沢あい先生のお気持ちは、間違いなくあるようです。

ただ、連載漫画はとても体力の必要なお仕事です。

 

「NANA」の続きはとても楽しみではあるのすが、まずは、お体の状態を万全にして、ご自分のタイミングではじめられることを、心から願っております。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました