石川荘のロケ地テーマ別紹介!若女将の努力の結晶。コスプレイヤーさん必見!!

スポンサーリンク
お出かけ・イベント

栃木県那須温泉にある石川荘さんのロケ地はすごい!

 

何がすごいかというと、コスプレ撮影OKの公共施設や神社など20か所以上、石川荘さん自身で申請・許可をとられているところです。

これは石川荘さんの若女将さんとスタッフの方の努力のたまもの。

どういうところでコスプレ撮影できるか、気になりますよね^^

 

本記事では、石川荘さんが撮影ロケ地として許可を得てらっしゃってる施設や場所を、「テーマ別」にお届けします。

なお、時期により撮影できない場所もありますので、予約の際一言確認いただければ幸いです^^

 

 

各施設の営業時間や期間は、各HPや施設に直接お確かめください。

 

スポンサーリンク

石川荘ロケ地のご紹介の前に・・・注意点!!!!

今回ご紹介する施設等は、「石川荘さんをご利用のお客様のみ」がコスプレ撮影できる場所です。

 

公共の施設でコスプレ撮影をする場合、各施設の管理元、警察署などに問い合わせ、申請後、許可が必要です。

大自然のなかであってもです。

各場所で「やっていいこと」「やってはいけないこと」も違います。

 

ご紹介する場所でコスプレ撮影をする場合は、「石川荘さんをご利用頂く」か「ご自分で申請許可」をお取り下さい。

石川荘さんをご利用の方は、念のため代表者の方が、石川荘さんで渡される「リストバンド」を巻いて下さいね。(地元の方への目印になります。)

 

なお、最後に、「許可申請を必要としない」コスプレ撮影OKの場所もご紹介しますので、ご安心下さい^^

 

スポンサーリンク

石川荘ロケ地、シーン別のおススメ(石川荘さん利用で撮影可!)

石川荘さんがロケ地として許可を得ている場所は2タイプあります。

石川荘さんに「事前申請が不要な場所」と「事前申請が必要な場所」です。

 

「事前申請が必要な場所」は見出し横にマークがついています。

 

撮影に行く場合、撮影予定の日時、人数を申し添え、必ず石川荘さんに事前にご相談下さい。

 

「平原」や「樹々」がおススメのロケ地

野っぱらのようなところで・・・

樹々と共に・・・

というシーンでおススメの場所になります。

これからの季節、雪原なんかもいいですね!

 

南ケ丘牧場

石川荘さんから行ける一番近い撮影ロケ地です。

車で2分、徒歩10分。

 

自然がいっぱい。

年中無休、入場・駐車場無料です。

 

コスプレのままヤギや羊と触れ合えたり、うさぎのお散歩ができたり・・・

コスプレのままの食事も可。

撮影と共に観光ができるのも魅力の一つです。

 

 

そして、「コスプレしながら乗馬ができる」のもすごい!!

乗馬の際は、馬を驚かせないためにコスプレの制限が出る場合があります

詳しくは石川荘さんにご相談下さい。

 

南ヶ丘牧場https://www.minamigaoka.co.jp/

 

那須平成の森

石川荘さんから車で20分ほどのロケ地です。

2019年2月23日から、コスプレ武器使用の解禁となっています。

「樹々と山」セットでの撮影や、一面の雪に囲まれた雪ロケにおススメです^^

暖冬でなければ、3月末まで雪での撮影が楽しめます。

 

施設内ロッカー及び更衣室の利用もOK。

 

 

服装の露出制限があります。

こちらで撮影希望の方は、予約の際、着るコスプレ衣装の分かる画像を石川荘さんに連絡して下さい。

そのものではなく、画像や原作でも可、できれば作品名とキャラクター名もお願い致します。

また、武器を持っていく際は、一般の方へのご配慮をお願いします。

 

那須平成の森https://nasuheisei-f.jp/

 

黒磯公園・那珂川河畔公園

石川荘さんから、車で約30分の撮影ロケ地です。

樹々と撮影ももちろんですが、小川や橋、大きな池など、「水」とのロケーション場所がたくさんあります。

また、春には桜ロケにもお勧めです。

 

 

石川荘さんから少し遠いのと、現地には更衣室がありませんので、注意して下さい。

四季折々の撮影が楽しめるロケ地です^^

 

那須河畔公園https://www.jalan.net/kankou/spt_09212ah3330043635/

 

「雰囲気のある建物」や「オブジェ」がおススメのロケ地

こちらでは、ロケーションに雰囲気のある建物やモノがあるロケ地を紹介します^^

石の建物や、軍隊ものなどテーマのある撮影にピッタリですね!

なお、「和」がテーマのところは別目次になります^^

 

那須友愛の森

石川荘さんから車で10分弱のロケ地です。

木の建物や、石の柱のあずまや、木々の小路、石造りのステージなど、ただの公園にはないロケーションスポットがたくさんあります^^

 

 

春は桜撮影ができるのも魅力の一つ。

桜は背が高いものが多いでです。

花の近くで撮るというよりは下目のアングルから、空いっぱいに桜が写るようにするのもいいですね。

 

那須友愛の森https://www.yuainomori.com/

 

那須戦争博物館

石川荘さんから車で5分ほどのロケ地です。

高校生以上は入場料1,000円です。(中学生以下は無料。)

亡き館長が戦争に関する資料や武器などを個人で蒐集した博物館です。

「個人で」とは思えないほど、質も量も充実しています。

 

館内どこでも撮影OKです。

館内にある砲台や車、飛行機・・・戦中に活躍した様々なモノと撮影もできます。

軍服も着用可。

 

「ホンモノ」と一緒に撮影ができる、というところがポイントです^^

 

那須戦争博物館https://www.sensouhakubutsukan.jp/riyouannai/

 

ホテル那須サンバレー 太陽の教会;★

石川荘さんからで2分、徒歩10分のロケ地です。

石川荘さんに事前申請必須です。

ホテル那須サンバレーさんが経営されているお庭&教会です。

 

こちらも「洋」の雰囲気。

芝生のお庭や、お庭にある大理石風のあずまやや、教会など。

2020年12月1日~2021年2月28日まで、お庭のイルミネーションの中でも撮影ができます^^

 

 

また、2020年2月6日から、有料でありますが、教会内部での撮影も可能です。

ステンドグラスや祭壇、お花で飾った真ん中の通路などロケーションで撮影が楽しめます。

 

 

ホテルサンバレー那須https://www.nasu3800.co.jp/

 

那須の森ビール園跡;★

石川荘さんから車で20分弱のロケ地です。

石川荘さんに事前申請必須。

祝祭日を含む月~金曜日が撮影可能日です。

撮影で入る時は、正面玄関の右にある工場入口に声をかけて下さい。

 

ポイントは、瀟洒な洋館、そして、入るとすぐに天井の高い大きなホールが!

天井にはフレスコ画、緩やかな曲線を描く階段がホールの端から二階につながっています。

 

木調部分にチョコレートのような色を使った、重厚な書斎のような部屋。

上がアーチ状になっている窓。

バーカウンターにシャンデリア、ソファーのあるクラシックな応接室もあります。

 

様々な「洋」の雰囲気での撮影が可能です^^

 

 

なお、撮影許可を頂いておりますが、サッポロビール那須工場として現役稼働しています。

室内外のサポッロビールの星マークのロゴが写りこまないようにして下さい。

また、椅子やテーブルなど動かして頂いてもかまいませんが、帰る時はきちんと元通りにして下さいね。

 

コスプレのままの買い物、食事もOKです^^

 

サッポロビール園那須工場https://www.sapporobeer.jp/brewery/nasu/

 

「和」がテーマのおススメのロケ地

こちらでは、「和風色」が強いロケ地をお勧めします。

郷愁をさそう田園風景や、古びたお社杉の林や神社など・・・

着物や甲冑、明治などの時代背景の作品にピッタリです^^

 

戦国武将ショップ Rebirth

石川荘さんから車で5分ちょっとです。

「戦国無双」で知られる、イラストレーター諏訪原寛幸氏のオフィシャルショップのこちらのお店。

 

ハンカチや靴下、マグカップやフィギュア、甲冑や陣旗、イラストなど・・・

「戦国」関連のグッズが、国内最大級の取り揃えとなっています。

ホンモノの甲冑も!

 

コスプレで来店した場合、店頭での撮影が可能です。

更に、まるで鋼のような重厚な模造刀をその場でお借りし撮影できます^^

 

こちらは撮影ももちろんですが、お買い物も楽しめるスポットです。

 

戦国武将ショップ Rebirthhttps://suwahara.nanatairiku.jp/shop.php

 

那須温泉神社

石川荘さんから車で5分ほどのロケ地です。

 

祭事やお祓い、婚礼の時は、立ち入りはできません。

神社の予定を確かめるためにも、石川荘さんへ事前に撮影希望日をご相談下さい。

撮影禁止は境内(本殿の中)のみで、それ以外はどこでもOKです。

 

撮影時間は夜明けから日暮れまでなので、早朝撮影も可能です。

撮影される時は、お守り等販売している社務所が開いていれば、一言挨拶をぜひして下さいね^^

 

那須温泉神社http://nasu-yuzen.jp/

 

遊行柳〜上の宮神社

石川荘さんから車で30分ぐらいのロケ地です。

駐車場やトイレなどは、石川荘さんにお問い合わせ下さい。

 

田んぼに囲まれた柳と鳥居で、まさに「和」の田園風景の場所です。

遊行柳を道なりに進むと、奥に上の宮神社がひそやかに建っています。

 

神社には、大木の銀杏、狛犬、そそり立つ岩壁があり、撮影には絶好のロケーション!(岩壁には近づけません)

 

早朝から20時くらいまで撮影が可能ですが、人気のない神社の方は、暗くなるとイノシシが出ることがあります。

「突進」してくると非常に危険なイノシシ、最悪死ぬこともあります。

暗くなっての撮影は、大きな声で話したり、ラジオを鳴らしたりして、イノシシに「ここに人間がいるよ」とアピールして下さい。

 

吉の目湧き水地

石川荘さんから車で30分ぐらいのロケ地です。

道が細く軽自動車でもすれ違い出来ないので、運転に自信のある人とぜひ。

 

トイレはありません。

駐車スペースは、この項目最後のリンクにあります。

 

古びた石の鳥居や灯篭、お社へ登る石の階段、赤い屋根のお社、杉林などの撮影ロケーションです。

 

湧き水を汲みにいらっしゃる地元の方がおられます。

ご配慮をお願いします。

 

吉の目湧き水地http://blog.livedoor.jp/iskwsow/archives/26227068.html

「学校」がテーマのロケ地(3校まとめて)

◆旧室野井小学校(体育館・グラウンド) 石川荘さんから車で10分
◆旧那須小学校(体育館)★ 
◆旧朝日小学校校内(校内) 石川荘さんから車で20分

 

すべて事前申請必須です。

旧朝日小学校のみ当日確認でも可能です。

制服やサッカー、野球、バスケなどのコスプレシーンにばっちり!

すべて廃校ですので、椅子や机と一緒での撮影はできません。(黒板はあります。)

 

旧朝日小学校は、現在町おこしのスポットとして活動しており、利用料が必要です。

(9:00~12:00  1,000円/13:00~16:00  1,000円/9:00~16:00  2,000円)

 

校内の廊下や教室、階段、カフェなどのロケーションで撮影できます^^

施設の予約状況により、撮影できる場所に制限がかかる場合がありますので、まずはお問い合わせ下さい。

 

 

 

旧朝日小学校再生プロジェクトhttp://nasuhiroba.com/?fbclid=IwAR37PN4yqOvdb9O09hoEW97e0egy69gagmPJZCIi–WNomGBNQ6DO9TxfwI

 

「滝」がおススメのロケ地

黒磯公園・那珂川河畔公園も、小川や大きな池、小さな滝など、「水」をテーマにできるのですが・・・

ここではもっと大きな「自然の滝」がテーマの撮影ロケ地をご紹介します。

 

乙女の滝

石川荘から車で15~20分のロケ地です。

駐車場あり、公衆トイレも近くにあります。

 

なんといっても、目玉は「大きめの滝」、そして、川の両岸をとりまく広大な林です。

水に入っての撮影も可能です!!

 

注意点は、「非常に足場が狭く悪いこと」

滝へ向かう階段は急こう配。
河原も石がごつごつごし歩ける場所がとてもせまく、ぬかるみもあり非常に滑りやすくなっています。

 

最悪川に落ちたり、けがをしたりします。

 

駐車場から撮影地の滝までは、かならず滑りにくい靴で行ってください。
また、手すりや石に捕まらないと歩けない場所もありますので、軍手もあるとGoodです。

 

 

スポンサーリンク

石川荘ロケ地、石川荘さんを利用しなくても撮影可能!(独自受け入れ)

石川荘さんの周辺には、独自でコスプレイヤーを受け入れらている施設もあります。

石川荘さんの利用者でなくても、コスプレ撮影可能です。

時期によっては「コスプレイヤー入園無料」などのイベントもあります^^

那須ハイランドパーク

入園料大人1,600円。

立ち入り禁止以外の場所で、園内どこでも撮影可能です。

更衣室はなし、トイレなどの占有も不可です。

武器や長物などの持ち込みもできませんので、ご了承ください。

 

遊園地ならではの乗り物や、クラシックカー、建物など様々なフォトスポットがあります。

 

 

着ぐるみのお人形と撮影できたりするのも嬉しいですね^^

 

現在、全身コスプレをした方のみ、入園料金1,600円が無料になる「ココナス2020」を開催中です!

 

那須ハイランドパークhttps://www.nasuhai.co.jp/hotnews/detail.php?n=0686

 

那須りんどう湖レイクビュー

入園料大人1,600円。

那須ハイランドパーク同様、立ち入り禁止以外の場所で、園内どこでも撮影可能です。

武器、長物の持ち込みは可能ですが、撮影以外での武器は露出しないで持ち運んでください。

コスプレ専用の更衣室ありです。

 

 

撮影スポットはたくさんあります。

山を背景に、メリーゴーランドの前で、動物と触れ合いながら、湖のほとりでなど・・・

 

 

お気に入りを見つけて下さいね^^

 

那須りんどう湖レイクビュー;https://www.rindo.co.jp/

 

那須とりっくあーとぴあ

3つの美術館からなる、日本最大級のトリックアート美術館。

石川荘さんにて割引券も置いています。

トリックアートとの撮影が可能です。

 

入館料は、大人1館で1,300円、2館で2,300円、3館で2,800円。

 

たくさんのトリックアートとの撮影が可能ですが、中でも「ミケランジェロ館」は人気のようですよ^^

 

あくまで美術館ですので、更衣室等の用意はありません。

一般の方へのご配慮を特にお願いします。

 

 

那須とりっくあーとぴあhttp://trick-art.jp/guide/index.html

 

 

石川荘ロケ地、一般の方に配慮してマナーを守って利用しましょう!

たくさんの撮影場所を提供して下さっている石川荘さん。

今回ご紹介した場所以外にも、石川荘さんのお部屋の中での撮影場所であったり、旅館周辺の撮影場所であったり、シークレットのものまであるようです。

気になる方は、ぜひ石川荘さんに聞いてみてくださいね!

 

なお、これらの撮影地は、全部石川荘さんが地元に問い合わせをし、ご自身で開拓された努力の結晶です。

 

申請していない人がそこに来てしまうと、石川荘さんの多大なご迷惑になりますし、

コスプレイヤー全体の悪評につながり、最悪申請許可が取り消しされる可能性もあります。

 

 

コスプレ撮影をする際は、きちんとルールを守って行ってくださいね^^

撮影が楽しいものになりますように!!

 

石川荘https://isikawasou.com/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました