くまくま園って?事件施設のクマを受け入れた安全安心くま動物園!食事はどこで?アクセスは?ハロウィンイベントやってるよ♪

スポンサーリンク
お出かけ・イベント

 

くまくま園、ご存じでしょうか?

秋田県北秋田市の阿仁にある動物園ですが、東北に一つしかない「くまだけしかいない動物園」(!)です。

 

日本に生息するクマは、「ツキノワグマ」と「ヒグマ」で、ヒグマは北海道にしかいませんが、園内ではその両方をみることができます^^

 

クマ舎も、種だけでなく、「大クマ」「中クマ」「小クマ」「仔クマ(0歳)」と個体別の大きさに分けてあり、それぞれの成長段階においてのしぐさを楽しめます。

特に仔クマちゃんはとってもキュートです^^

期間限定でふれあいもできちゃいます。

 

そして、ヒグマはでっかい!!ツキノワの倍以上!!比べて見れて面白いですね。

 

 

そんなくまくま園ですが、11月からの冬季休業前にハロウィンイベントをやっています!

クマは冬眠しますので。

紅葉、温泉と観光には最適な北秋田市ですが、その中にくまくま園も入れてみませんか?

 

スポンサーリンク

『くまくま園』は安心安全にクマを楽しめる動物園です

秋田で「くま牧場」というと、思い出すのが、2012年に起きた八幡平での熊牧場事件。

痛ましい事件に、私もショックを受けたのを覚えています。

 

「くまくま園」は、この施設とは全く別の動物園です。

旧名は、「阿仁熊牧場」と言います。

 

2012年の事件の施設のクマたちの引き取り手を探していた時、「支援があるならば、全部のクマの受け入れを模索したい」と手をあげた北秋田市。

クマ受け入れのために新たにエリアを阿仁熊牧場に新設し、2014年に「くまくま園」としてリニューアルしました。

阿仁の自然を生かして、クマたちができるだけ自然に生きている状態で生活できるよう、そして、その様子を観察できるように、考えられた設計となっています。

もちろん安全対策も。

 

くまくま園が母体となった「阿仁熊牧場」の初代場長は、クマのことを知り尽くした有名マタギ鈴木松治氏でした。

現在は、専門知識をもった北秋田市の職員さんが園長さんです。

 

くま牧場というと、どうてしも「なんだか危ない?」というイメージがついてしまった秋田県内ですが・・・

 

「くまくま園」の母体である「阿仁熊牧場」では一度も事故は起きていません!

さらに、過去の事件からさらに安全を徹底し、また、北秋田市が管理者となり不安なくクマさんたちを見ることができます。

安心して足を運んでくださいね^^

 

なお、くまくま園では、ペットは入れませんのでご注意下さい。

 

スポンサーリンク

『くまくま園』お昼ご飯は外に行きましょう

クマたちのおやつは受付で買えるくまくま園ですが・・・

(ツキノワグマのおやつ小200円、大1,000円こちらは小6袋分。子供は入園時、小をプレゼント♪)

 

園内にレストラン、飲食スペースはありません。

自動販売機のみです。

また、道中に適当な食事処もありませんので(阿仁はマタギのいる山の中です!)、少し離れたところの道の駅やレストランを利用することになります。

 

一番近いお食事処は、宿泊施設「マタギの湯」の中にあるレストラン「シカリ」です。熊鍋等の山のごちそうが食べられます。

 

また、「道の駅 あに」がくまくま園から2kmほど離れたところにあります。

こちらは、軽食とお土産といった感じです。

「道の駅 あに」の近くでは麺類中心の「あおしし」定食屋さんの「ゆさんこ」があります。

 

また、少し離れた阿仁合(あにあい駅)の旧駅舎内には「里山レストラン&カフェ こぐま亭」があります。

 

山の中で、お昼ごはん繰りになかなか苦労するかもしれませんが、道々のレストランをうまく楽しんで、満足のいくお出かけにして下さい!

 

スポンサーリンク

『くまくま園』に行くには車!でも内陸縦貫鉄道もこの時期おすすめ

阿仁は山の中なので、県内からでも結構行くのに時間がかかります。

 

秋田自動車道ですと、鷹巣インターチェンジから約1時間(国道105号)。

東北自動車道ですと、盛岡インターチェンジから約2時間(国道46号から105号)です。

 

もし、山の中の運転が苦手なら、秋田内陸縦貫鉄道を使ってみてはいかがでしょう?

秋田内陸縦貫鉄道「阿仁マタギ駅」が最寄り駅です。

縦貫鉄道は、鷹巣から角館間を運行しています。

角館駅から阿仁マタギまでは約1時間、鷹巣駅からは約1時間30分となります。

仁マタギ駅からは無料の送迎バスが出ていますよ^^

また、角館駅近くには無料の駐車場(市営田町山駐車場)もあります。

詳しくは、角館駅にお問い合わせ下さい。

 

これから縦貫鉄道沿線は、紅葉シーズン真っ盛り!!

電車にごとごとのんびり揺られていくのも乙なものです。

このお出かけスケジュールですと、宿泊は必至ですね^^

 

『くまくま園』ハロウィンイベントはクマのもぐもぐが楽しめる!

くまくま園では、ハロウィンイベントとして、ふだんは見れないヒグマの食事シーンと、こちらもいつもは見れない、子ぐまたちの食事シーンを公開します。

 

また、ハロウィンイベント期間中は毎日、ハロウィンの仮装やアクセサリーを付けて来てくれたお子様に、お菓子のプレゼントがあります。

(幼児、小中学生のみ)

 

ハロウィンらしく、ヒグマにあげる食事はカボチャ!そして色んな果物や野菜だそうです。

今年生まれた子ぐまたちにはリンゴをプレゼントだそうですよ。

 

ぐわーっとカボチャにむしゃぶりつくさまや、リンゴところころ戯れるさまは必見!

色々観察してみて下さいね^^

 

【モグモグタイム開催日日時】

◆10/24(土)、25(日)、31(土)、11/1(日)、/3(火・祝)

◆ひぐまもぐもぐ;12時ころから ひぐま舎にて

◆子ぐまもぐもぐ;11時~/14時~ こぐまのほいえんにて

※クマたちの体調や天候によって時間の変更や中止の可能性もあります。

 

『くまくま園』はのんびり旅におすすめの動物園です

くまだけなんて・・・と言わず、一度は訪れたい動物園、「くまくま園」。

実際目にするヒグマはとっても怖い!!

それに比べてツキノワギグマはなんだかキュートで、その子ぐまといったらもう!

本当にいろ~んなクマを目にできて、自分の中のクマ像が変わると思います^^

1時間半から2時間程度楽しめる場所ですよ。

 

山の中のクマ動物園、行き帰りでせわしく動くのはもったいないような気がします。

ぜひ、ゆったりと時間をとったお出かけプランで、楽しんできて下さい!!

 

【北秋田市くまくま園】
秋田県北秋田市阿仁打当字陳場1-36/0186-84-2626

9:00~16:00(入場15:30まで)

無料送迎バス電話番号;0186-84-2612(打当温泉マタギの湯)

大人(高校生以上)700円/小人(小・中学生)200円+ツキノワグマのおやつ小/幼児(未就学児)無料

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました